×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ぷよぴたっ!

星座占い

Loading...

原田康子 ウィキペディア

原田康子 最新動画

挽歌 (新潮文庫)
挽歌 (新潮文庫)
主人公の怜子は、どこか孤独で突っ張った感じの少女。彼女と中年男性桂木との不倫を軸に物語は展開する。はじめて読んだとき、何か日本のサガンみたいだと思った。大人の世界に憧れ、自分を取り巻く退屈な現実から脱皮しようとしている少女の、内面的なあがきみたいなものが感じ取れる。発売当時は一世を風靡したベストセラーだったようだが、分かるような気がする。




満月 (新潮文庫)
満月 (新潮文庫)
原田文学のカラーはやはり北海道だ。「挽歌」で初めて原田ファンになった。
冬の北海道へ出張になると無性に原田文学がほしくなる。
あの北海道、札幌と弘前を舞台にした本作品はSF的作品でありながら
何度も読み返したくなる。
ついつい電車を乗り過ごしてしまった。「しまった」と思う瞬間、変な満足感がある。
まだその現実に戻りたくない自分がいる。
「挽歌」を読んでいたときと同じ感覚だ。玲子がバットを飲むと自然と
自分も胸ポケットのタバコを探していた。そんな世界へといざなって
くれる作品である。






もしもこんな 原田康子 がいたら・・・


元祖・着エロクイーンとも言われる人気アイドル 原田康子。「初めてのイベントで不安だったけど、大勢の人が来てくれて幸せです」。
初めての1人きりのイベントながら、ハイテンションなトークで会場では常に笑いが起こっていた。

こりゃあようするに一言で言うとあれだ

『 結婚は夫、または妻によって創り出されるものではなく、逆に夫と妻とが結婚によって創られるのだ。 』( マックス・ピカート )

どういうことやねん^^;

原田康子と『挽歌』ゆかりの地を訪ねる 幹部大学同窓会
釧路支部幹部大学同窓会は7月27日に文学散歩を開催し、釧路工業高等専門学校の小田島本有教授の案内で原田康子の代表作『挽歌』ゆかりの地を訪ねました。 原田康子は釧路出身の作家であり、『挽歌』も釧路が舞台になっています。 ...

『満月』原田康子
もともと、原田康子の恋愛小説、そして井上靖の恋愛小説が大好きで、よく読んでおりましたが、この満月も、あまりに切なくキュートな恋愛小説。この作品も映画化されたけど、時かけ少女を演じた原田知世がこの作品も演じておりました。 ...

原田康子「挽歌」
初版は昭和31年とのこと。 当時はベストセラーになったようですね。 まったく知らずに購入したのですが。 北海道を舞台に、若く独身の女性主人公と中年の既婚建築家との恋愛話です。 この主人公がいかにも当時の若い生意気な女という感じで、典型的な私の ...

『日曜日の白い雲』
著者は『挽歌』の原田康子『挽歌 』は1956年出版(絶版なのかな?) 当時ベストセラーになり、映画化もされた作品若さの持つ性急さ残酷さ、それがもたらす悲劇F・サガンの『悲しみよこんにちは 』と似た印象を受ける本かな北海道・釧路が舞台なん ...

公園
園内には松浦武四郎蝦夷地探検像、原田康子「挽歌」の碑などが立っている。 松浦武四郎蝦夷地探検像. 原田康子「挽歌」の碑. この公園からの景色. この写真は公園の横にある 『出世坂』 かつては「支庁裏の坂」、「地獄坂」、「おサヨの坂」などと呼ばれ ...

今日の行事〈9月23日・火・祝〉
ール/全席自由/費用・1000円/(財)武蔵野文化事業団. ▼『椰子の実コンサート』午後1時30分/ミューズキューブホール/出演者・間庭小枝さん、原田康子さん/全席自由/費用・2000円/カルチャースタジオ メヌエット.

原田康子 星の岬
「教え子にみだらな行為」 中学女性教師、容疑で逮捕(朝日新聞) - goo ニュース私が小学生の頃、原田康子の『晩歌』が一大ブームとなった。まだモノクロのTVドラマにもなった。 釧路を舞台にした不倫小説。北海道ブームにも火をつけた。 ...

ちょっとずつ秋 花編
ノリウツギ(糊空木)ユキノシタ科同じくドライフラワー化する別名サビタサビタといえば原田康子の「サビタの記憶」遅ればせながら読みました。 思ったよりあっと言う間に読んでしまう短編でしたが、多感な時期の少女の短い夏の出来事をみずみずしい感性 ...

挽歌って?
挽歌なんて言うと、中高年には、原田康子の小説『挽歌』とか、チャールズ・ブロンソンとジル・アイランドが主演の『狼の挽歌(当然ながら、邦題で、原題の意味は異なるが)』、あるいは、石原ミレイが歌った『石狩挽歌』が思い出されるかもしれない。 ...

「挽歌」の原田康子さん・・・・・!
☆原田康子さんは昭和31年の小説「挽歌」で全国的に有名になった作家です。 生まれは東京ですが生後1年で釧路市に移り、釧路の女学校を卒業して一時「東北海道新聞」の記者をしていたことがあります。釧路での婦人記者としては二人目でした。 ...

原田康子 の最新情報








山根和俊 | ザ・ビーチ・ボーイズ